修理が必要な水漏れに備えておきたい保険

■火災保険で万が一の水漏れ時も安心

賃貸物件の加入時に火災保険を必須とすることが多いですが、火災保険に加入をすれば水回りの水漏れが起こった場合でも安心です。火災保険とは、火災によって住宅や家具、家財がダメージを受けた際に補償してくれる保険のことです。
火災保険というと火災時だけに補償すると思われがちです。ただ水濡れなど、日常の中で急に起こった災害によって建物や家財が駄目になった場合にも、この保険で補償をしてくれることがあります。
ただ注意したい点として、水回りの水が漏れてしまった際の修理代については補償されません。あくまでも水漏れが原因で起こった損害に対してのみ補償が受けられるというものです。また火災保険はいろんな会社がサービスを提供していますが、それぞれで補償が異なるため適応外になるケースもある点は注意が必要です。

■どんな時に補償が受けられるのか

火災保険では水が漏れてしまった場合の修理費用は補償してもらえません。ただ水漏れの補償をつけていれば、床などの建物や家財に生じてしまった損害については補償してくれます。そのため、火災保険に加入する際には、水漏れ補償が受けられるか確認することが必要です。
また水回りの水が漏れる箇所は戸建てだけではありません。マンションやアパートといった集合住宅も同様なことが起こります。集合住宅でも水が漏れるような事故を起こしてしまい、他の入居者の部屋や共用部分に損害を与えてしまった場合、個人賠償責任保険によって補償をしてもらえます。
火災保険で注意したい点として、故意によって水漏れが起こったり、部品などの経年劣化によって水が漏れた場合には、火災保険の補償外となってしまいます。

■修理費用については良心的な料金の業者を探す
火災保険で適用されるのは、あくまでも故意や経年劣化以外のケースです。また修理費用は適用外となっています。ただ適用されないといっても、料金が良心的な業者を探すことで費用を抑えることができます。
水が漏れた際には専門の水道修理業者に一度自宅に来てもらうことになります。その際に出張料金や見積料金を請求しない業者を選択することが大切です。修理にかかる料金が安くても、トータルで計算すると予想外に高くなってしまうことがあります。
また修理費用については相場内であまりにも安すぎない業者を選択することも大切です。安すぎても追加料金がかかるケースも見られます。トータルでかかる費用に関して、良心的な料金になっている業者なら安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ