知っておきたい水漏れの修理に必要なこと

■水漏れの進み具合を確認しよう

水漏れには進行度合いによって段階があり、症状が軽度な段階で対応するのと、悪化してしまってから対応するのとでは修理方法などが大きく異なります。そのため修理を行う前に水漏れがどれぐらい進行しているのか見極める必要があります。
まず、漏れている水の量は最初に確認しておきましょう。チョロチョロ、ポタポタと少量がずっと出ているといった状態はまだ初期症状と言えるでしょう。部品が緩んでいる場合は締め直すといった小さな修理で済むことが多くなります。しかし、水が大量に漏れている状態まで進行してしまうと、部品交換など大規模な修理が必要になる可能性が高くなります。
台所や洗面所などよく使う場所であれば分かりやすいものの、排水管や床下の排管などで起こっている水漏れには気が付きにくいものです。水道の検針票を毎月見て使用量が異常な増え方をしていないか、請求金額が急に高くなっていないかを確認しておけば、異常が起こっている際にすぐに気が付くことができます。

■自分で対応できる水漏れ修理

簡単な水漏れの場合、自分で修理をして解決することも可能です。水漏れは多くの場合、部品の劣化によって引き起こされます。水回りの部品は年数を重ねるとどうしても劣化してしまい、そこから水漏れが起こりやすくなります。
パッキンの劣化であれば、ホームセンターなどで同型のパッキンを購入して交換しましょう。型番などが分からない場合には取扱説明書を見るか、取り外したパッキンを持参すると安心です。
他にも、排水管のつまって水漏れが引き起こされることもあります。特にキッチンや浴槽に起こりやすい現象です。日々の汚れがたまってしまうと、排水がスムーズにできなくなり、トラブルの原因になります。取り除けるゴミや汚れを掃除したら、市販されている排水管クリーナーを使ってお手入れしましょう。

■水漏れが悪化する前に専門業者に修理を
噴水のような噴き出るような水漏れは、業者の修理が必要になります。また、一見すると少量の水漏れであっても、まずは水栓を全て止めてみましょう。もしもそれでもメーターが大きく動いていれば、見えないところで大量に水が漏れているかもしれません。水道代が高額になってしまう恐れがあるため、早めに修理を依頼したほうが良いでしょう。
漏れている箇所の把握や対処がしっかりできないと、カビの発生や浸水などによって家全体にトラブルを引き起こしてしまうこともあります。応急処置をしても症状が改善されない場合には、修理の相談をしましょう。水漏れは修理の内容や原因によっては保険適応対象となることもあります。また、一軒家の場合にはハウスメーカーからの保証も受けられる可能性あるので、自分の入っている保険や保障の内容をきちんと見直しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ