水漏れの修理依頼は原因を知ることが重要

■水漏れにはいろいろな原因がある

水漏れはいろいろな所で発生します。特に台所や洗面所など、毎日使う水回りは急なトラブルを起こしやすい場所でもあります。
水漏れは、パッキンなどの部品の劣化や破損だけでなく、ゴミや油が配管に詰まったり、パッキンやホースにキズが付いたりなど、いろいろな要因が考えられます。簡単に直すことができるものから、プロによる本格的な修理が必要になるものまで、トラブルの状態によって異なります。原因をしっかりと把握することで、スムーズに修理依頼ができます。また、簡単なものは自分で直すことも可能です。
水回りのトラブルは、生活を不自由にしてしまいますので、少しでも早くきちんと直したいと思うものです。自分で直せるトラブルなのか、プロに依頼するべきものなのかの判断も必要となります。

■水漏れ箇所によって修理が異なる

蛇口を例にすると、吐水口から水がぽたぽたと垂れているのか、蛇口のハンドルやレバーから水が垂れているのかでも修理内容は異なります。また、配管やパイプなどの根元の部分か、壁面との接触部分からかでも、修理の方法が異なります。
トラブル箇所が分かれば、それぞれの原因を突き止めるようにしましょう。吐水口から垂れている、ハンドルやレバーから垂れているという場合には、パッキンの劣化が考えられます。パッキンの交換は、ホームセンターやネットショップなどで同型のパッキンを購入すれば自分で直すことも可能です。しかし、配管や壁面との接触部分からの場合だと、プロの修理が必要となります。また、壁面の場合には表からは見えない壁の裏での水漏れも考えられるので、早めにプロに依頼して状況の確認をしてもらい修理をしてもらいましょう。

■日々のメンテナンスが大切
水漏れの原因には色々ありますが、日々のメンテナンスを欠かさずにいれば、早期にトラブルを発見できます。そうすると、簡単な修理で済みますし、水漏れの予防にも繋がります。
蛇口の場合は、レバーやハンドルを強く締めすぎないという習慣も大切です。毎日強い力で使っていると、必要以上に負荷がかかってしまい、部品の劣化が早まってしまいます。他にも、水の流れ方、水の止まり方、ハンドルやレバーに違和感がないかというのは感じ取れるようにしておきましょう。小さな変化でも気が付いたときに対処しておくだけで、大きなトラブルの予防になります。自分で対処できない場合はプロの業者に連絡して、メンテナンスを兼ねて点検してもらうと良いでしょう。
水垢やさびもトラブルの原因になるので、日々のお掃除も大切なメンテナンスの一つです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ