水漏れの修理業者が対応するまでの流れ

排水管から水漏れが起こったら、すぐに修理業者に連絡をします。その際に料金や出張に来る日時を検討します。実際に電話連絡をしてからスタッフが自宅に来て修理をするまで、どのような流れになっているのか把握しておくと、実際に排水管が不具合を起こした時にもすぐに対応できるので便利です。

■電話連絡から自宅訪問するまで

排水管から水漏れが起こった時には、すぐに業者に連絡をします。その際に自宅に来てもらうように依頼をします。出張料金については、請求しない良心的な業者もあります。そのため、かかる料金を抑えるために、出張料金のかからない業者を選択しておきます。
電話連絡時に、自宅訪問の日時について相談をします。訪問してほしい日時を伝え、実際に業者が来る日時を決定します。その後に業者のスタッフが自宅に訪問をします。24時間いつでも対応する便利な業者も増えてきており、数時間以内に自宅に来てくれるサービスを提供しているところもあります。

■自宅訪問から修理まで

排水管の修理業者が来たら、まずは不具合を起こしている個所の点検を行います。その際に、良心的な業者であれば不具合を起こしている箇所の修理の必要性や原因などを詳細に伝えてくれることでしょう。それに合わせて、修理が必要な場合にかかる料金について見積もりを出してくれます。
見積もりの金額を見て納得できれば、その旨を業者のスタッフに伝えます。契約を交わしたら、排水管の修理が速やかに行われます。料金の支払いは現金で支払うことが多いですが、最近ではクレジットカード決済が可能な業者も出てきています。

■まとめ
排水管の水漏れが起こった時には、業者に連絡をします。その際にいきなり修理を依頼するのではなく、自宅訪問を依頼して、点検をするのが一般的です。スタッフが自宅に来て点検をし、修理が必要だと判断した際に、修理を依頼するかどうか検討することになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ