水漏れの原因と自分でできる修理法

■まずは水漏れ箇所を特定しよう

水漏れを起こしている場所は、自分でも確認することができます。修理の依頼をする前に、場所を特定していれば、より良い水道業者を選べるようになるでしょう。
漏れている箇所は、トイレや外水道、お風呂のシャワー、洗濯機の接続口などが挙げられます。冬は凍結によって水漏れを起こしてしまうこともありますので、寒い地域に住んでいる方は注意が必要です。
水漏れの場所と原因を把握していれば修理もしやすいですし、依頼をするときにもきちんと説明することができます。原因が分からない場合は、自己判断で無理に修理せず、信頼できる業者に頼むようにしましょう。

■見えない場所の水漏れもある

一般的によくある水漏れの場所を確認しても特にトラブルはなかったのに、なぜか床が水浸しになってしまうというケースもあります。この場合、見えない場所で漏れてしまっている可能性があるので、しっかり確認して原因を突き止めましょう。
どこで確認したら良いのかとういうと、水道メーターです。戸建てなら玄関先や駐車場に多く、住んでいる人は目にしたことがあるでしょう。メーターの中で水漏れが判明するのは、パイロットです。蛇口を閉めた状態でも針が動いている場合は、給水される水が漏れている可能性があります。少量の場合は分かりにくいですが、ゆっくりと動きますのでじっくり観察してみてください。
原因を突き止めることができれば、できる範囲で修理するか業者に依頼しましょう。自分で修理する場合は、止水栓を締めることでパイロットが停止するケースが多いと言われていますが、強く締めると破損の原因になるので注意が必要です。

■自分で修理するのはリスクがある
水漏れは自分で修理できますが、その場合、気をつけなければいけないのがリスクです。給水の軽度の水漏れであれば止水栓を締めることでピタッと止まりますが、重度の場合は応急処置ではどうにもなりません。自分で修理することで状態を悪化させてしまう可能性もありますから、自分で行う場合は十分な注意が必要になります。
水漏れ原因で最も多いのは、経年劣化です。年数の経った部品は、どうしても劣化しトラブルを引き起こす原因になります。特にパッキンの劣化は多く、自分で交換できるからと安易に修理してしまうと、失敗や破損に繋がってしまいます。リスクが高いことも十分理解し、どうにもできない場合は安心できる水道業者に依頼するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ