水漏れが原因で修理が必要なとき保証してもらえる保険がある?

■水のトラブルは火災保険で補償される?

水漏れトラブルがおきたときは専門業者に修理を依頼することになりますが、火災保険で保障してもらえることをご存知でしょうか。水に関するトラブルはいつどこで起こるか誰にも予測不能ですので、万が一に備えて水のトラブルに関する火災保険のことを改めてチェックしておくことをおすすめします。水のトラブルは普段の生活でどんなに気を付けていても起きてしまうものです。まして集合住宅で暮らしている場合は、自分の部屋で水漏れが起きて他人の部屋に被害が広がってしまうことが考えられますし、その逆も同じです。何が原因でトラブルが起きてしまったのか、すべて火災保険で補償してもらえるのかなど補償内容を確認しておくことは、被害を与えてしまったとき、逆に被害を受けたときなどにも知っておきたいポイントとなります。

■水濡れ保障の対象となるもの

修理が必要となる水漏れトラブルの原因はいろいろありますが、そのトラブルによって受ける被害の状況も様々です。例えばキレイな水を運ぶ役割を果たす給水管が何かが原因となって破損をして、水が漏れたことで電化製品が濡れてしまい壊れて動かなくなったという状況があります。また、給水管が天井や壁の中にあったときは天井や壁紙が濡れてしまい、張替え修理が必要になることも珍しくありません。珍しいトラブルとして、近所で火事が起きて消防車の放水で自分の家の窓ガラスが破損するトラブルが起きたとします。実はこれらすべてが火災保険の水濡れ保障の対象となっています。

■水漏れトラブルの原因がどこにあったのか
修理が必要となったとき、火災保険の対象になるのかどうかが気がかりではありますが、例えば蛇口を開けっぱなしにしたことで水が漏れてしまった場合、自分の持ち家となっている場合は火災保険による水濡れ保障の対象となります。もしも賃貸だった場合は、建物を管理している家主に賠償する必要があるので、水漏れによって床や天井が濡れてしまったときの修理代は借家人賠償責任保険が適用されます。これは部屋を借りるときに契約した火災保険の特約になっているので、火災保険の補償内容を理解していないという場合は今のうちに目を通しておきましょう。もしも隣の部屋や下の階の人に被害を与えてしまったときは個人賠償責任保険が適用されます。こちらは普段の生活で自分以外の誰かに損害を与えたときに適用される保険となっていて、火災保険ならびに自動車保険とセットで契約する人が増えています。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ