排水設備に異常があって水漏れしているときの修理方法

■水漏れが起こってしまう理由

排水管や排水溝などから水漏れが起こる理由はいくつかあります。その中の一つが不純物の詰まりです。髪の毛や食べかすなどが流れてしまい、時間の経過とともに蓄積されるため、定期的に洗浄をする必要があります。他にも接続部分が緩くなって水漏れが発生することも考えられます。接続部分には通常ナットが使用されていますが、地震や工事などで揺れると、僅かではあっても徐々に緩くなってきます。定期的に確認をして、緩くなっていれば締めなおすという作業を行うべきです。さらにパイプやホースが劣化して、穴が開いてしまうケースもあります。穴が開いたら部品自体を交換しなければいけません。状況によっては自分で修理が可能な場合もあるので、あらかじめ交換する部品や工具類を揃えておくと安心できます。

■外部も内部もまとめて洗浄する

排水設備のトラブルを回避するために効果的な方法が、洗浄することです。排水設備の洗浄を行う場合、内部だけではなく外部もきれいにしておくことが大切です。外部は目視できる箇所だけでも行っておけば効果的です。方法は雑巾などで汚れを除去します。こびり付いて落ちない場合には、洗剤を使えばきれいにできます。パイプなどの内部の洗浄は、重曹を使用する方法が簡単です。重曹はスーパーなどでも販売されており手に入りやすいです。水漏れや水の逆流が発生する前に行っておくと、より効果的でしょう。すでに詰まっている場合には、何回か続けて重曹を使用する方法もありますし、専用のクリーナーやブラシを使ってメンテナンスをするやり方もおすすめです。普段の対策がきちんとできていれば、トラブルを未然に防ぐことができ、もし起こったとしても軽い症状で済みます。

■自分で直せるか判断する基準
水漏れ修理を行う場合、自分で行えるか判断するのが難しいと感じる人もいます。どうしても自信がないのであれば、悩まずに業者に依頼をした方が安全です。しかし、ある程度修理を行う自信がある人でも、どうしても業者に頼らなければいけない状況に陥ることもあります。それは排水設備が直接見えない場所でトラブルが発生した場合です。排水管は通常床に埋め込まれて外へ排出できるのが一般的です。このような場合、床から水が染み出してくることもあります。特に水の勢いが強い状態であれば、すぐに元栓を閉めて専門家に依頼しなければいけません。水漏れの原因がはっきりとわからないケースや、交換に必要な部品や工具が手元にないときも同様です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ