排水の水漏れで修理が必要なケースに最初にやるべきこと

■排水の水漏れが起こる原因

水回りのトラブルはどんなタイミングで発生するのか予測ができません。水漏れのトラブルは、対応が後回しになってしまうと居住スペースが浸水したり、集合住宅だと他の住人に迷惑をかける可能性もあります。
トラブルが発覚したら迅速な対応が必要ですが、何が原因でトラブルになっているのか原因を調べることも大切です。水漏れで多いのは、パッキンの劣化や接続部分のパーツの劣化などが多く、パイプの中に異物が溜まって排水が上手くいかないことが原因の場合もあります。
水の漏れ方にも複数のパターンがあり、徐々に漏れ出し続けることもあれば、急激に漏れるような場合もあります。排水管のように見えにくい部分だと、水が漏れていることに気付かないことも少なくありません。

■水漏れが見つかった場合にやるべきこと

水が漏れていることが分かった場合、最初にするのは水を止めることです。床や壁が濡れている場合は、給水管と排水管のどちらに原因があるのかを把握するために、止水栓を閉める前に水道メーターが動くかどうかをチェックしましょう。
排水管が詰まっていることで水が漏れている場合、異物を取り除くことで問題解決ができます。掃除用具を使って取り除く方法や、専用のクリーナーを使って取り除ける場合もあるので、業者に依頼する前に試してみると良いです。
パッキンやナットなどの部品が原因で水が漏れている場合は、新しいパーツを用意して交換しなければなりません。自分でパーツを用意して交換することも可能ですが、二次被害につながることもあるので注意が必要です。

■業者に依頼する場合の大まかな流れ
業者に依頼して水漏れ修理をしてもらう場合は、最初に無料相談や無料点検をしてもらいます。相談や点検が有料になっている業者もあるので確認しましょう。応急処置の方法を聞いておくことも忘れてはいけません。実際に見てもらい、直す場所が分かったら見積もりをしてもらいます。
見積もりができたら、複数の業者の修理相場と照らし合わせ、市場相場に適しているかどうか確認しておきます。修理の日程確認については、早急に対応した方が良いケースが多いので、即日や翌日対応している業者がおすすめです。
優良な業者でも、修理が終わった後に、施工不十分でトラブルが起こることもあります。アフターフォローがある業者なら、施工が終わった後も責任を持って対応してもらえるので、アフターサービスがきちんとしている業者を選びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ