部品交換が必要な水漏れ修理

■パッキンの交換なら自分でも行うことが可能

水道のトラブルで、最も多いのは水漏れでしょう。水漏れの原因にはいろいろとあるのですが、パッキンの劣化が原因であることも多いのです。パッキンの交換は、自分で行うこともできるので、無理に業者に依頼する必要はないでしょう。しかし、自分は不器用だからうまくできるか心配、パッキンの種類がわからないという場合には、無理をしないで業者に依頼をした方が無難です。
パッキンの交換をする場合には、自分の家で使用している物と同じ部品を購入してくることが重要です。異なっているパッキンを購入してしまうと、うまく合わないので交換をしても水漏れが改善できなくなります。同じ種類のパッキンを購入してきたら、まずは止水栓を止めて水が出ないようにしましょう。次にパッキンを抑えている部分のナットを緩めて交換します。しっかりとパッキンをはめ込んで元の状態に戻したら完了です。

■パイプの交換は業者でないと難しい

水漏れの原因としては、パッキンの劣化が多くなっていますが、パイプの劣化が原因であることもあります。パイプの交換は部品交換の中でもかなり難しいので、無理をして自分で行わない方がよいでしょう。すぐに水を止めて、業者に依頼をして修理してもらうべきです。
パイプの劣化が原因で水漏れをしている場合には、蛇口を閉めても水漏れが止まらないケースもあるので、元栓から締めてしまうのがよいでしょう。その上で業者に連絡を行い、早急に修理をしてもらう必要があります。だからこそ事前によい業者を探しておき、いざというときにはすぐに依頼できるようにすることが大切なのです。

■水回りの修理は大半が部品交換となる
水回りのトラブルが発生した場合、主な修理方法は大半が部品の交換になります。なぜなら部品の劣化によって水漏れが発生する場合がほとんどだからです。部品交換が必要ない水のトラブルと言えば、排水管の詰まりぐらいでしょう。ナットの緩みなどもありますが、なぜ緩んでくるのかというと、やはり部品の劣化が主な原因なので、交換をした方が無難です。
先ほども少し触れましたが、パッキンの交換なら自分でも行えるものの、他の部分は業者でないと難しいでしょう。ここで需要なのが業者選びです。せっかく修理をしたのに、またすぐに水漏れが発生しているようでは意味がないので、必ずアフターフォローが充実している業者に依頼するべきです。そうすれば万が一短期間で同じところが故障したとしても、無償で修理を行ってくれるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ